ブランド化することで定着していく企業の利益

>

くり返し利用してもらうための工夫

固定客をつかむために必要なこと

ブランディングによって他社製品との差別化ができれば、価格を安くすることで顧客を呼び込む必要もなくリピーターを増やしていくことができます。
そのためには長期にわたって消費者の期待に応え続け、信頼関係を築き上げていく必要があるのです。

一般的に一度ついた固定客は簡単には離れていかないと考えられています。
上手にブランド化を進めることができていれば、顧客は安心感を持ってそのブランドの商品を選び続けてくれるからです。
安定した売上を維持することができれば、生産コストを下げる必要もありませんから品質低下を防ぐこともできますし、生産や販売に携わっている社員たちのモチベーションを維持していくこともできるでしょう。

プライドを持って働くことが、さらなるプラスの効果を発揮してくれるかもしれません。

ブランド化によって高まる商品価値

ブランド化された企業や商品は、次第にステータスシンボルとなっていきます。
「高級な」とか「有名な」といったことが大好きな日本人は、何かのきっかけでブームになりさえすれば放っておいても価値を高めていってくれるでしょう。

持っていること自体がステータスと言われるようになった商品でも、そのままで良いはずはありません。
そこから企業の勝負が始まるのです。
景気に左右されることがあるかもしれませんが、信念を曲げずに自信の持てる商品を生産し続けていけば顧客はついてくるものだと思われます。

ブランド名を聞いただけで取り扱い商品のラインナップが思い浮かぶような存在になるためには、記憶に残りやすいブランド名やコンセプトと十分な品質であることが欠かせません。
ちなみに覚えやすいブランド名とはカタカナで3~5文字であることが多いようです。


この記事をシェアする